IR「大阪・横浜有望」富裕層向けサービスも

IR法案が可決され、日本に新たな経済を生み出すと言われているなか、マカオなどでカジノを運営する統合型リゾート(IR)大手「メルコリゾーツ&エンターテインメント」が大阪か横浜を有望視していると
ローレンス・ホー会長が朝日新聞のインタビューに応じた。
統合型リゾートは富裕層マーケットには欠かせない存在であり、ホー会長は総事業費については「最小でも1兆円規模」と明言した。

記事元(朝日新聞)はこちらから

関連記事

  1. 「カジノ法案」が生む経済的意味とは?

  2. 富裕層の囲い込みを狙う「第2のマカオ」目指す街、カンボジア・シアヌークビル

  3. なぜ、日本にIRが必要なのか?

  4. 富裕層にとって当たり前のスイートルームが不足している日本のホテル事情

  5. ギャラクシー・エンターテインメント 暫定ライセンス取得でフィリピン ボラカイ島にリゾート建設

  6. メルコリゾーツ&エンターテインメント、日本でのIR計画を進める