ベトナムで日系カジノオープン、タイの富裕層獲得に向けた布石か

北海道、東北、関東にパチンコホール30店舗を展開するベガスベガス(山形県山形市)がベトナムの首都ハノイで11日、日系カジノ「ハリウッドワン・ゲーミングクラブ・ハノイ」がオペラハウスに近い繁華街で開業した。同カジノは五つ星ホテルの地下にあり、ルーレットやバカラ、さらにスロットマシンなどカジノゲーム機を置き、24時間利用することができる。
「ハリウッドワン」はベトナムでカジノビジネスのノウハウを蓄積した上で日本のIR事業において勝負に出る腹積もりだろう。

記事元(Viewpoint)はこちらから

関連記事

  1. 富裕層にとって当たり前のスイートルームが不足している日本のホテル事情

  2. 「カジノ法案」が生む経済的意味とは?

  3. なぜ、日本にIRが必要なのか?

  4. アジアIR投資 富裕層に照準を当てたカンボジアと日本

  5. 日本のIR実施法の与党合意

  6. ルスツリゾートへのIR誘致に1500億円超の投資、加森観光と機関投資家ら合意