インテグレーテッドリゾートのメリット

経済効果

dollar-exchange-rate-544949_1280
2020年の世界のカジノ市場では、日本がマカオに次ぐ世界第2位になると予測されています。
東京、大阪、沖縄の全国3か所にカジノができると想定された場合、市場規模は1兆5000億円と推計されます。
2020年には、シンガポールの1兆円、ラスベガスの7500億円を遥かに凌ぐカジノ大国になるという計算です。
立派な「産業」と名乗っても良い金額です。

リゾート全体の維持のしやすさ

books-918521_1280
利益率の高いカジノを中核に据えることにより、カジノなしのリゾートに比べ経営に余裕が生まれます。
また、いくつもの施設にまたがって顧客が利用することにより、客単価の上昇も狙えます。
様々な形態、大きなメリットのあるインテグレーテッドリゾート。
法律、自治体との関係などいくつか壁はありますが、2029年の大阪にできる統合型リゾート楽しみに待ちましょう。

関連記事

  1. マカオのゴットファーザー、スタンレー・ホー(97)引退後は名誉会長に

  2. 富裕層にとって当たり前のスイートルームが不足している日本のホテル事情

  3. 富裕層の囲い込みを狙う「第2のマカオ」目指す街、カンボジア・シアヌークビル

  4. 大阪IR構想に医療ツーリズムを提案 米運営大手シーザーズ、関西の先端技術と連携

  5. 日本の海外富裕層インバウンド旅行客を狙うマカオのカジノ運営会社

  6. インテグレーテッドリゾート(IR)とは

Translate »