MGMリゾーツ・インターナショナル、2025年大阪での日本万国博覧会誘致のオフィシャル・パートナーに

合同会社日本MGMリゾーツ(所在地:東京都千代田区、代表執行役員 兼 社長: ジェイソン・P・ハイランド)は、本日、日本に国際博覧会を誘致するため、「2025日本万国博覧会誘致委員会」のオフィシャル・パートナーとして協賛することを発表した。

これに際しMGMリゾーツ・インターナショナルの会長 兼 最高経営責任者であるジェームス・J・ムーレン氏は「大阪は1600年の歴史と伝統と、最先端のテクノロジーが共生する世界でも特別な都市であり、日本、アジア太平洋地域全体において経済と文化の発展を率いるリーダーの役割を担っています。この街での万博開催は『OSAKA, KANSAI EXPO 2025』のテーマにも謳われているように、私たち人類の<未来>に比類なき貢献をもたらすものであると確信していします。大阪と関西の招致活動を世界中でサポートさせていただきたいと考えています」と述べている

MGMリゾーツ・インターナショナルは、これまでラスベガスのリゾート施設において、毎年春にジャパン・ウィークを設け、日本の春をテーマとした催しや、日本人アーティストの作品などを数多く紹介してきました。伝統を継承し、最新のテクノロジーと調和させることで新たなものを創出する弊社のアプローチは『OSAKA, KANSAI EXPO 2025』が目指す万博のあり方とも呼応している。

MGMリゾーツ・インターナショナルは、大阪、夢洲での万博の誘致活動をサポートし、地域社会や観光産業に資する統合型リゾートの建設を目指としている。

関連記事

  1. ギャラクシー・エンターテインメント 暫定ライセンス取得でフィリピン ボラカイ島にリゾート建設

  2. 日本の海外富裕層インバウンド旅行客を狙うマカオのカジノ運営会社

  3. 4月1日から施行が始まったIR実施法施行令とは

  4. 中国人富裕層に強みを持つ香港系IR企業が強い意欲を示す、日本のIR施設建設

  5. 富裕層にとって当たり前のスイートルームが不足している日本のホテル事情

  6. 日本のIR整備法案が審議入り