香港メルコ、日本でのカジノ建設に1兆円超投資

香港やマカオなどでカジノを運営するメルコリゾーツ&エンターテインメントは日本での統合型リゾート(IR)の開設に関し、現段階では候補地が未定だが、大都市ならば100億ドル(約1兆円)超の投資を検討すると発表した。

メルコリゾーツ&エンターテインメントはマカオやフィリピンでIR事業を展開している。日本でのIR事業については、入場料の設定や、カジノを施設全体の3%以下の延べ床面積するなど規制が厳しい。マカオも5%程度の延べ床面積で十分に対応可能だとしている。

また、日本進出を念頭にマカオで導入している入場ゲートの指紋認証システムなどの技術を追加した「メルガード」で政府の規制に対応できるとした。仮想現実(VR)や人工知能(AI)などの日本企業の知的財産である、最新技術を活用したいと話している。

参照:日本カジノに1兆円検討のメルコ、マカオで豪華IRホテル開業

ルート・アンド・パートナーズではIR関連情報をはじめ、富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 統合型リゾートへの大阪府の取り組み

  2. 富裕層の囲い込みを狙う「第2のマカオ」目指す街、カンボジア・シアヌークビル

  3. ギャラクシー・エンターテインメント 暫定ライセンス取得でフィリピン ボラカイ島にリゾート建設

  4. 中国人富裕層に強みを持つ香港系IR企業が強い意欲を示す、日本のIR施設建設

  5. なぜ日本にIRが必要なのだろうか?

  6. 日本のIR整備法案が審議入り