マリーナベイサンズカジノ

シンガポールで本場のラスベガスでのカジノを再現

シンガポールで今人気のマリーナベイサンズですが、このホテルの中にはシンガポールに2ヶ所しかないカジノのうちの一つが入っています。

マリーナベイサンズのホテルの運営元がラスベガスの会社ということもあり、カジノにはとても手を掛けています。
その豪華な装飾は、本場のラスベガスのカジノを彷彿とさせるものです。

マリーナベイサンズカジノの特徴

マリーナベイサンズカジノの特徴としては、そのフロアの大きさがあります。
4フロアに別れているカジノ場は、フロアごとに特徴が異なっています。
まず1階と2階は一般人でも入りやすい、普通のカジノ場です。
その中でも、1階は喫煙可能、2階は禁煙とフロアごとに分煙化されています。
これにより、タバコが苦手な人でも、気軽に立ち寄れるようになっています。
また3階と4階は賭け金の高いハイローラー専用フロアとなっています。
ホテル内にあるということもあり、24時間営業なのも嬉しい点です。
遊べるゲームも種類も台数も豊富にあるので、初心者でも楽しみやすいです。

年齢制限とドレスコードがあるので注意しましょう。
基本情報を押さえておけば、楽しめる部分がたくさんあるカジノです。
シンガポールに行った際には、一度は立ち寄ってみましょう。

マリーナベイサンズカジノの詳細はこちら

関連記事

  1. MGMリゾーツ・インターナショナル、2025年大阪での日本万国博覧会誘致のオフィシャル・パートナーに

  2. メルコリゾーツ&エンターテインメント、日本でのIR計画を進める

  3. 富裕層の囲い込みを狙う「第2のマカオ」目指す街、カンボジア・シアヌークビル

  4. 中国人富裕層に強みを持つ香港系IR企業が強い意欲を示す、日本のIR施設建設

  5. ルスツリゾートへのIR誘致に1500億円超の投資、加森観光と機関投資家ら合意

  6. 香港メルコ、日本でのカジノ建設に1兆円超投資

Translate »